CARPE DIEM

今を生きる。

【絶景】くそ天気悪い中イグアスの滝へ行く

旅人の女性、ブスいない説を提唱したい。

 

どうも、さかいです。

 

どうしてなんですかね、旅先で出会う日本人女性はみんなきれい。

そして年齢を知ったら30越えてて「えっ!?」となるパターンが多い。

なお、メンズに関してはこの説は立証されない模様。笑

 

 

リアルタイムはブエノスアイレスです!

 

今回はイグアスの滝の話。

 

南米の絶景3つといえば、

だろう。(judged by さかいの主観)

 

今日はその一つのイグアスの滝へ。

 

宿から滝までは、バスで向かう。

料金は往復で260ペソ(約780円)

 

30分程で到着。

入場料、600ペソ(約1800円)

 

イグアスの滝は、色々な角度から見ることができる。

事前情報によると、

  • ロウワートレイル:下から見上げる
  • アッパートレイル:上から見下ろす
  • 悪魔の喉笛:横から見る

の3つのコースがおすすめとのことだったので、

まず始めにロウワートレイルからバチコーンと下から見上げて、次をアッパートレイルからドシっと見下ろして、最後に悪魔の喉笛からスッと見ることにした。(うるさい)

 

※実際、この順番が個人的には一番オススメです。

ロウワートレイルで滝の全体像をつかみ、アッパートレイルから高さを感じ、最後に最も人気の悪魔の喉笛から眺める。

歩くルートに無駄が少ないうえ、時間的にも丁度良いです。

※現地マップにも、それぞれのコースの所要時間が掲載されていますが、それほど時間はかかりませんでした。

 

ということでロウワートレイル。

 

どーん!


f:id:shomapy:20181017050635j:image

く そ 天 気 悪 い

 

もう少し近づいてみる。


f:id:shomapy:20181017050745j:image

 

ここ数日間、毎日雨が降っていたっぽいので、水の勢いがすごい。

私もびしょびしょ。

台風の現場中継している気分。笑

 

 

Next アッパートレイル。

 

どーん!


f:id:shomapy:20181017051049j:image

 

お、おう。

天気悪いな。笑

 

いい景色で迫力はあるが、他に比べると、やや劣る。

イグアスの滝を満喫するより大事な予定のある人や、全てのコースを歩ききる体力の自信がない方は、アッパートレイルはカットでいいだろう。

 

それぞれのコース、結構歩きます。

コース間は無料のシャトル列車で移動できますが↓

f:id:shomapy:20181017055135j:image

 

いよいよ最後の、悪魔の喉笛へ。

 

どーん!

f:id:shomapy:20181017055247j:image

 

ここが一番見やすい。

写真下の白いのは全て水しぶき。

こっちまで飛んできて、まるで雨が降っているよう。

 

天気は悪かったが、その代わり水量が多く、迫力があった。

個人的には写真ではなく、迫力さが音でも伝わる動画を見ていただきたい。

(動画verはインスタ見てください Shoma Sakai on Instagram: “イグアスの滝で圧倒的位置エネルギー感じてきました台風の現場中継している気分でした今日の午後からバスで16時間ぶっ続けで移動です。 #南米周遊 #アルゼンチン #イグアスの滝 #iguazu #ブログ更新しました”

 

よし、帰ろう。

 

と思ったが、意外とまだ時間がある。

しかも晴れてきたやん。

 

よし、もう一度ロウワートレイルに行こう。

 

二度目のロウワートレイルがこちら↓f:id:shomapy:20181017060112j:image

さっきよりはきれいに写っている。

 

ただ、後日、他の旅人ブログの写真を見ると、自分のは水がにごっている。

まあ、これはこれでいいや。

 

ボートで滝に突っ込む有料ツアーや、ブラジル側から滝全体を見ることもできたが、私はこれでお腹いっぱい。

 

迫力は十分感じる。

一回死んでも生き返る装置があるなら、浮き輪に乗って滝から落ちてみたいなと思ったり。笑

 

今日はこのへんで!

 

f:id:shomapy:20181017055830j:image

虹見えてるやん◎

 

 

Instagram

旅の写真や動画を手軽に紹介しています。

Shoma Sakai (@shomapy1996) • Instagram photos and videos

 

Twitter

旅とは直接関係のないツイートが多めです。

坂井翔馬 (@shomapy1996) on Twitter

 

フォローしてくださいね!